『縄文のうた』


ーーーずっとずっとむかし吉祥寺にいた人を想像する


犬の散歩や花見、たまにお昼のお弁当。。。井の頭公園は身近にある公園です。
井の頭池をぼんやり眺めながら、古代のことを想像したことはありますか?
縄文人たちが歩いていた地面は、今の地面の50センチから70センチくらい下なんだそうです。
案外、近いなーって感じますね。
縄文人たちはどんな生活をしていたのでしょうか。
学問的なことはちょっと脇に置いておいて、好きなふうに想像してみようかと。。。
例えば、何についておしゃべりしてたのかなーとか、どんなうたを歌っていたのかなーとか。

想像の助けになる?ように、店内に遺跡マップや本や雑貨などが並びます。


日時 10月9日(水)〜14日(月祝)12:00- 18:00
*14日(月)は16:30まで





【関連イベント】
井の頭池のまわりを歩く ナビゲーター:スソアキコ
井の頭池の周辺は、原始の頃から湧水があり、人が集い生活する大切な場所でした。
旧石器時代の石器や縄文時代の土器・建物跡なども見つかっています。
井の頭公園やその周辺を歩いて、古代の気配を探してみたいと思っています。

日時 10月13日(日)13:00〜15:00ごろ解散
参加費 1,800円 *お菓子と飲み物付き
(親同伴で子ども参加可 1,000円)
スケジュール:13時 キチムに集合 → 散歩 → キチムに戻りおしゃべり・お菓子と飲み物
注意点:歩きやすいはきもの。水筒などの水分補給は各自の判断で。



「縄文のうた」トーク
出演 スソアキコ × 原田郁子
日時 10月14日(月祝)開場 18:00 / 開演 18:30
料金 予約 2,300円 / 当日 2,600円(共に1ドリンク別)



ご予約方法
<メール予約> 件名を「10/13予約 または 10/14予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku1@kichimu.la
○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送の際には「再送」とご明記ください。
○1週間経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○10/14の開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。





スソアキコ
(イラストレーター・帽子作家)
『ひとり古墳部』部長。仕事の合間に遺跡や資料館を見てまわっている。
「縄文時代から古墳時代まで」と言ってきたが、最近では「旧石器時代から」に。
好きな土偶はみみずく土偶。



原田郁子
福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド『クラムボン』を結成。歌と鍵盤を担当。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンと共演、共作、ソロ活動も精力的に行っている。2004年「ピアノ」、2008年「気配と余韻」「ケモノと魔法」「銀河」の4枚のソロアルバムを発表。2010年、吉祥寺のイベントスペース&カフェ『キチム』の立ち上げに携わる。劇団『マームとジプシー』の舞台「cocoon」(2013年&2015年)、舞台「めにみえない みみにしたい」(2018年&2019年)の音楽を担当。CM音楽の歌唱、ナレーションも多数ある。クラムボンは2015年メジャーレーベルから独立。自身のレーベル「トロピカル」よりミニアルバム「モメントe.p.」1~3を発表。流通を通さず、パッケージにこだわり、サイン会をして一人一人に手渡ししていく”直売ツアー”を行い、ツアー後も引き続き、ジャンルを問わず取り扱ってくれる全国の販売店を募集中。2019年夏、「モメントe.p.」1~3の選曲集+1曲、全11曲を収録した「モメント l.p.」がサブスクリプション配信スタートした。