Port of Notes Live


念願だったキチムでのライブがポートオブノーツで実現します。
しかも郁子ちゃんとのセッションもあり!飲み会以外での魂の交流やいかに!!!
みなさまぜひお越し下さいね。
畠山美由紀

 ◇

新年の初ライブがキチム、そしてゲストにクラムボンの原田郁子さんなんてまさに吉夢!?
郁子さんとはアルバムRe clammbonで雲ゆきを演奏して以来です。覚えててくれてるかな?笑
今回はいったい何を一緒に演奏出来るのか本当に楽しみです!!!
小島大介





出演 Port of Notes
Guest : 原田郁子(clammbon)

日時 1月13日(月祝)
開場 16:00
開演 17:00

前売 4,500円+ドリンク代 *銀行振込


ご予約方法
<店頭予約> カフェ&ショップ営業時(ラストオーダーの時間まで)、店頭にて販売しております。
*イベント時には早じまいとなりますので、営業時間をご確認の上お越しください。
店頭チケット特典:優先入場(メール予約の方より先にご入場頂けます)

<メール予約> 件名を「1/13予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku5@kichimu.la
○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送の際には「再送」とご明記ください。
○1週間経ってもキチムからのメールが届かない場合、再度ご連絡ください。その際、別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○料金は事前振込みとなります。振込みの確認が取れたところで予約が完了いたしますのでご注意ください。
○当日の開場時は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。





Port of Notes (ポート・オブ・ノーツ)

畠山美由紀 (Vocal)と小島大介 (Guitar)によるアコースティックディオ。
’96年結成。翌年、EP『Port of Notes』でデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。
’01年、POLA化粧品のTV CMソングとして「With This Affection」、’02年「Sailing To Your Love」、’03年「Those My Old Days」が使用される。’01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen’s Fellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYuming Tribute Concert “Queen’s Fellows”に出演。’04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。’08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~“青いアルペジオの歌”』をリリース。 ’09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによるオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 をリリース。'17年12月、久しぶりとなる新曲「トラヴェシア」を発表、'18年7月新作EP『水蜜桃』をリリース。



原田郁子
福岡生まれ。1995年にスリーピースバンド『クラムボン』を結成。歌と鍵盤を担当。バンド活動と並行して、さまざまなミュージシャンと共演、共作、ソロ活動も精力的に行っている。2004年「ピアノ」、2008年「気配と余韻」「ケモノと魔法」「銀河」の4枚のソロアルバムを発表。2010年、吉祥寺のイベントスペース&カフェ『キチム』の立ち上げに携わる。劇団『マームとジプシー』の舞台「cocoon」(2013年&2015年)、舞台「めにみえない みみにしたい」(2018年&2019年)の音楽を担当。CM音楽の歌唱、ナレーションも多数ある。クラムボンは2015年メジャーレーベルから独立。自身のレーベル「トロピカル」よりミニアルバム「モメント e.p.」1~3を発表。流通を通さず、パッケージにこだわり、サイン会をして一人一人に手渡ししていく”直売ツアー”を行い、ツアー後も引き続き、ジャンルを問わず取り扱ってくれる全国の販売店を募集中。2019年夏、「モメント e.p.」1~3の選曲集+1曲、全11曲を収録した「モメント l.p.」がサブスクリプション配信スタートした。