アルバムデビュー10周年!かえる目2017年ツアー
「フォッサマグナをひとまたぎ」


2007年、「おっさんの体にユーミンが宿る」の名キャッチフレーズと共に、まさかのアルバム『拝借』をリリースしたバンド、かえる目。年にわずか数回のライヴなれど、気付くとアルバムデビューして早10年、アルバムも4枚を数えることに。そんな彼らの10周年記念して、長野・山梨・武蔵野のフォッサマグナツアーを大敢行!
その最終地点となる吉祥寺キチムでのライヴでは、この10年の総決算とも言える、あの曲、この曲、こんな曲までを披露予定。この日は、この冬、10周年を迎えるレーベルオーナーが運営する店・なぎ食堂の飯も久々にお届けする予定。はてさて、どうなることやらん。是非&是非!





出演 かえる目

日時 12月19日(火)
開場 19:00
開演 19:30

料金
予約 2,500円(+1drink order)
当日 2,800円(+1drink order)

food: なぎ食堂


ご予約方法
<メール予約> 件名を「12/19予約」とし、「お名前(ふりがな)、携帯番号、人数(3名様まで)、お連れ様のお名前」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申し込みください。
yoyaku1@kichimu.la

○メールを送信されると自動返信メールが届きます。メールの受信拒否設定をされている場合、キチムからのメールが届きません。設定の変更するかまたは別のアドレスから再度送信してください。 再送の際には「再送」とご明記ください。
○1週間以内にご予約完了メールをお送りします。1週間待っても届かない場合はお問い合わせください。
○当日は整理番号順の入場となります。 整理番号は予約完了メールにてお知らせいたします。






「かえる目」とは?

目の前に立ち現れる事象すべてをユーモアと特異な着眼点で丁寧に伝える、かえるさんこと細馬宏通を核として、最近は『海辺の生と死』等の映画音楽や山下澄人☓飴屋法水による舞台『を待ちながら』の音楽を担当する異才・宇波拓、コンポステラ〜ストラーダでの活動をはじめ、音楽の芯を掴むことに関する天才マルチインストゥルメンタリスト中尾勘二、K-Popからドープなヒップホップまでを嗜みつつも、二度と同じ手法を使わない実験音楽家/バイオリニスト木下和重、による奇跡のカルテット。まだまだポップミュージックには未来があることを身を持って証明し続けている。