泥棒対策ライトとNRQの
NANTO! KAKANTOKA!!!


それはとても新しい挑戦、何かが起こるぜ!

泥棒対策ライトは踊りや芝居、タップダンスを交えたり、急に詩を朗読したりとあの手この手を自在に使うダンスカンパニーです。12回本公演を重ねてきましたが、「選曲が素敵、なんの曲を使っているの?」と声をいただくことが多々ありました。作品を作る時には沢山の曲を浴びるように聞き、心と耳と直感で探しているのですが、いつもとてもお世話になっているバンドがあります。それがNRQさんです。暖かみとユーモア、人間の紆余曲折を感じるNRQさんの音楽にどれだけ助けられたかわかりません。
今回、久しぶりにドロタイを見守り育ててくれたキチムでなにかをやろうと思った時、念願だった「NRQさんと面白いことしたい!」の気持ちをNRQさんに相談しました。なんと快く受け入れてくださったのです。
演奏をバックにということではなく、ともに並んでひとつの物語を紡いでいきたいと思っています。
それはとても新しい挑戦、何かが起こるぜ!
ということでNANTO! KAKANTOKA!!!なのです。

泥棒対策ライト・下司尚実





日時
12月15日(土)19:30(受付・開場は30分前より)
12月16日(日)13:00 (受付・開場は30分前より)

出演
泥棒対策ライト(佐々木富貴子、長尾純子、下司尚実)
NRQ(吉田悠樹、牧野琢磨、服部将典、中尾勘二)

チケット
【一般】3,800円
【学生】2,000円(※要学生証提示)
【小学生以下】500円
*当日はそれぞれ300円UP
*全席自由 / 1ドリンク制

チケット取扱
▶︎ 泥棒対策ライト Web 予約フォーム
▶︎ NRQ Web Contact

問合せ
泥棒対策ライト dorotai.info@gmail.com





泥棒対策ライト
振付家・演出家・ダンサーの下司尚実による自由形ユニット。
役者、ダンサー、タップダンサー、人形使いなどジャンルを超えた仲間と公演を重ねている。ドラマになりきる前の誰もが感じたり、かすったりしているくすぶりを、独自の動きや言葉、芝居にした作品創りが特徴。その作風は「なんだかよくわからないけど、明日が少し頑張れる」と評判を呼んでいる。
2016年MITAKA "Next" Selection、シアタートラム ネクスト・ジェネレーション選出。
主宰・下司尚実は野田秀樹、近藤良平などの作品にも参加、その信頼は厚い。




NRQ
New Residential Quarters。読み方は「ニュー・レジデンシャル・クォーターズ=新興住宅地」。略して今はもう「NRQ」。
2007年に吉田悠樹(二胡)+牧野琢磨(guitar)デュオとして活動を開始。08年には服部将典(contrabass) が参加。中尾勘二(drums / sax / tb / kl) にも参加を依頼、現在は4人。今後もこの4人。